HOME

メニュー

つらい月経痛の原因はホルモンバランスの乱れ、子宮筋腫・子宮内膜症

月経に伴って起きる下腹部痛、腰痛を「月経痛」といい、頭痛、吐き気、お腹の張った感じ、疲労、倦怠感、下痢、気分のイライラ・落ち込みなどの不快症状と合わせて「月経困難症」と呼ぶこともあります。

つらい症状は鎮痛剤で緩和

月経痛が起きる主な原因の一つが、ホルモンバランスの乱れです。痛みの度合いによって異なりますが、お風呂で温めたり、リラックスするなどしても痛みが改善しない場合は、鎮痛剤を服用して様子を見ます。

月経痛以外に問題がないならば、1日1回くらい服用しても問題ありません。そして、年齢を重ねて体が成熟してホルモンがバランスよく分泌される時期が来るのを待ちます。

毎月、月経痛がやってくる日を把握できている人は、月経痛が酷くなってから鎮痛剤を使用するのではなく、少し早目に飲んでおくと効果的です。鎮痛剤は医師から処方されるものも、市販のお薬(ロキソニンS、バファリンルナ、イブA錠、ノーシンピュアなど)でも効果に差はありません。

月経痛の原因をはっきりさせるため、ときには医師の判断で排卵を抑えるホルモン剤をしようすることもあります。これで痛みが緩和される場合、月経痛に排卵が関係していることになります。体が未成熟な10代は排卵によって、子宮を収縮させるプロスタグランジンが過剰に分泌されるため、子宮が締め付けられるような状態になり、激しい痛みが起きているのです。

こういったケースでは、排卵抑制剤をしばらく服用して無排卵性の月経を繰り返し、3か月くらい後に薬の服用を中止すると、つらかった月経痛が完全に治まっていることがあります。薬によってホルモンバランスを調整したことで、体がそのバランスを覚えているのだと考えられています。

月経痛のもう一つの大きな原因は、子宮筋腫、子宮内膜症、卵管炎、腹膜炎による子宮と周囲の組織の癒着、子宮後屈など子宮の位置がずれていることなどが考えられます。子宮の位置の異常で月経痛の症状が重くなるのは、周囲の神経や血管を圧迫するためです。

子宮内膜の組織が卵巣などに迷い込んで増殖する子宮内膜症は、放置していても自然治癒はせず、悪化すると周囲の組織と癒着を起こして、不妊の原因になることもあるので、治療を行うことが必要です。子宮筋腫は筋腫が成長して、我慢できない痛みを引き起こさない限り治療の必要はありません。ホルモンの働きを抑える薬で一時的に閉経状態にして、筋腫の成長を止めることで、不快な症状を抑えることもできます。